LEN KAWAHARA OFFICIAL WEBSITE 河原れん オフィシャルウェブサイト

Information


女優堕ちのドラマ化が発表されました

2016.02.16更新

最新作「女優堕ち」がBS朝日にてドラマ化されます。
主演:森口瑤子 葵わかな
http://www.bs-asahi.co.jp/joyuochi/

放送日:2016年3月23日(水)、30日(水) 23:00〜2週連続放送


女優堕ちの文庫本発売が決定しました

2016.02.16更新




「わたしがはじめて出会った女優さんは、南田洋子さんだった。実家裏手のマンションでサスペンスドラマのロケをしていた。わたしは名前のよく似たべつの女優さんと勘違いして、待機部屋へと飛んでいった。
 七歳か、八歳の頃だったか。ともかく、ただのちびっこで、しかもべつの女優を求めてやってきたわたしに南田洋子さんは、けれど、大人の、上品な笑みを投げてくれた。おそらく、わたしの早合点にも気づいていただろう。それでも、フフと笑って、『お待ちなさい』と筆を取り、さらさらと色紙にサインをしてくれた。
 なんてカッコいいひとだろう、とこの歳になったからこそ気づかされる。その頃、南田さんはプライベートで様々な悩みを抱えていた、らしい。と、これも後から知るのであるが、あのときの女優の笑みがそれを掻き消す。
 女優とは、女優を演じ、女優に堕ちていくものらしい。実際に、本物の女優たちと話すと、そう思わされる。

 『女優堕ち』の主人公清嶋ルイは、わたしが出会った何人かの女優をコラージュして作り上げたキャラクターである。特定の誰かを描いたわけではない。それぞれがあまりに個性的で常人離れしたエピソードを持っていたため、それらをぐつぐつと煮つめたら、こんなストーリーができあがった。
 女優たちの光と影。ちょっと狂気じみていて、おそろしく人間臭い彼女たちの生き様を追体験しながら、ただ楽しんで読んでいただけたら幸いである」(河原れん)

女優堕ち(文庫版)
2016年2月25日発売
352ページ 定価920円(税別)
株式会社KADOKAWA 角川書店刊


少女が堕ちたのは、女優という落とし穴!

日光を拠点にする旅役者一座に生まれた井元三津子。
座長の母に従って旅する暮らしを続けていた三津子は、 偶然出会った芸能マネージャーを頼りに上京した。持ち前の押しの強さで 事務所に入るも、個性的な顔立ちと体型のせいで仕事にめぐまれなかった。 だが最後に挑戦したオーディションで、型破りな方法で大役をものにし、 清嶋ルイとして女優の階段を昇っていくが……。
過酷な芸能界をリアルに描いた少女の成長物語。